やけど|東長崎駅徒歩1分のそわクリニック東長崎 内科 脳神経内科 皮膚科 豊島区 江古田 椎名町


東長崎駅徒歩1分のそわクリニック東長崎内科 脳神経内科 皮膚科 東長崎 豊島区

月・火・木・金9:00~12:30、15:00~18:30|土曜は9:00~12:30|水曜、土曜午後、日・祝は休診

電話番号03-5926-3171

西武池袋線「東長崎駅」駅より徒歩1分 都営大江戸線「落合南長崎」駅より徒歩13分

やけど

皮膚などの一部分に熱や化学物質が触れ、皮膚の表層が損傷を受けることで、やけどは起こります。

熱湯やアイロンだけでなく、電気毛布や湯たんぽなどの低温であっても、長時間、同じ場所に接することで、やけどになることがあります。

やけどが深い場合、時間の経過とともに、目立たなくなる場合もありますが、傷痕が残ってしまう場合もあります。

やけどを負ってしまった際は、やけどが深くなる前に、速やかに応急処置をする必要があります。

応急処置

やけどの程度に関係なく、まずは、水道の流水で10分以上、冷やしてください。

早く冷やすことで、痛みを和らげ、やけどが深くなることを防ぐことができます。

患部が腫れる場合もあるため、アクセサリーなどを身に着けている場合は、早めに外しましょう。

衣服の上からやけどをした場合は、脱がずにそのまま冷やしてください。

無理に衣服を脱ごうとすると、皮膚がくっついてしまい、皮膚が衣服と一緒に剥がれてしまう可能性があります。

また、衣服を脱ぐのに時間がかかってしまい、冷やすのが遅くなってしまうと、やけどの症状が悪化してしまいます。

流水で冷やしても痛む場合は、保冷剤で冷やしながら病院へ行きましょう。

治療

患部にステロイド軟膏などを塗り、炎症を抑える治療を行います。

やけどの症状は、時間の経過とともに、やけどの深さが変わることがあるため、経過をみる必要があります。

また、水ぶくれができている場合は、感染して症状が悪化していく場合があるため、水ぶくれが破れないよう、十分な注意が必要となります。

やけどの治療中に、患部の腫れや熱、痛みが強くなった場合は、再度病院へ行ってください。

このページの先頭へ戻る