ふるえ|東長崎駅徒歩1分のそわクリニック東長崎内科 脳神経内科 東長崎 豊島区 リハビリテーション科


東長崎駅徒歩1分のそわクリニック東長崎内科 脳神経内科 東長崎 豊島区 リハビリテーション科

月・火・木・金9:00~12:30、15:00~18:30|土曜は9:00~12:30|水曜、土曜午後、日・祝は休診

電話番号03-5926-3171

西武池袋線「東長崎駅」駅より徒歩1分 都営大江戸線「落合南長崎」駅より徒歩13分

ふるえ

手足がふるえて困っている患者さんは多くいらっしゃいます。

自分の意思とは関係なく、手足がリズミカルに動く状態で、医学的には振戦(しんせん)と呼ばれます。

原因としては、生理的なふるえ、アルコールによる影響、甲状腺機能の異常、パーキンソン病、本態性振戦などがあります。

甲状腺機能亢進症(バセドウ病)

甲状腺の働きが活発になると、動悸、疲れやすさ、眼球突出などの症状に加えて、手のふるえを感じることがあります。

パーキンソン病について

パーキンソン病の場合はふるえの度合いが大きく、また体が止まっている時に起こります。

パーキンソン病はふるえ以外にも、上手く歩けない(歩行障害)などの、全身の運動機能に影響が出ますので、脳神経内科での正しい治療が必要となります。

本態性振戦について

本態性振戦とは、手に何かを持ったときにふるえが出ます。パーキンソン病に比べふるえの度合いは小さい場合が多いです。

まずはご相談ください

当院では脳神経内科専門医が適切に診断・治療を行わせていただきますので、お悩みの場合はご相談ください。

このページの先頭へ戻る