眼瞼けいれんとは|東長崎駅徒歩1分のそわクリニック東長崎内科 脳神経内科 東長崎 豊島区 リハビリテーション科


東長崎駅徒歩1分のそわクリニック東長崎内科 脳神経内科 東長崎 豊島区 リハビリテーション科

月・火・木・金9:00~12:30、15:00~18:30|土曜は9:00~12:30|水曜、土曜午後、日・祝は休診

電話番号03-5926-3171

西武池袋線「東長崎駅」駅より徒歩1分 都営大江戸線「落合南長崎」駅より徒歩13分

眼瞼けいれんとは

眼瞼けいれんとは、自分の意思とは関係なく、目の周りの筋肉がピクつき、重症な方では自由に目を開けられなくなる病気です。通常両眼に起こります。

40~70歳の中高年に多く、7割程度は女性と言われています。

症状

眼瞼けいれんの症状には以下のようなものがあります。

  • まぶしい
  • 目を開けるのがつらい
  • 目が乾いた感じがする
  • 瞬きがしづらい
  • 不要な瞬きが増える
  • 目の周囲が動く など

原因

顔の筋肉は、脳とつながる顔面神経によって制御されています。

眼瞼けいれんの主な原因は、顔面神経に指令を送っている脳(大脳基底核)に異常があるためだとされています(本態性眼瞼けいれん)。

その他にも、ストレスや、安定剤・睡眠導入薬・抗精神病薬など薬の影響によるものがあります。

治療

症状を緩和させるために、注射薬、点眼薬、内服薬を用います。

疲労やストレスによって症状が悪化するため、心身ともに休息をとることも大切です。

このページの先頭へ戻る