あせも(汗疹)|東長崎駅徒歩1分のそわクリニック東長崎 内科 脳神経内科 皮膚科 豊島区 江古田 椎名町


東長崎駅徒歩1分のそわクリニック東長崎内科 脳神経内科 皮膚科 東長崎 豊島区

月・火・木・金9:00~12:30、15:00~18:30|土曜は9:00~12:30|水曜、土曜午後、日・祝は休診

電話番号03-5926-3171

西武池袋線「東長崎駅」駅より徒歩1分 都営大江戸線「落合南長崎」駅より徒歩13分

あせも(汗疹)

あせもとは、医療用語で汗疹(かんしん)と呼ばれる皮膚疾患の一つです。

汗をたくさんかいた後、ぷつぷつと細かい湿疹が現れ、背中や首、わきの下など、汗をたくさんかく部分に現れやすくなっています。

原因

あせもは、身体の体温調整を行う汗腺が詰まってしまうことで起こります。

特に、乾きにくい体の部位にかいた汗を、そのままにしてしまうと、汗の出口となる汗腺がふさがりやすくなってしまいます。

そのため、汗を放置しないようにしましょう。

あせもの分類

あせもと一口に言っても、実は3つのタイプに分かれています。

紅色汗疹

紅色汗疹は、あせもの中で、最も多いタイプです。

名前にあるよう、チクチクする痛みやかゆみを伴う、1~3mmの赤いぷつぷつが現れます。

しかし、かゆいからといってかきすぎてしまうと、皮膚が傷ついてしまいます。

そこから細菌が入り、とびひになることもあるため、注意が必要です。

紅色汗疹の治療は、患部にステロイド薬を塗布することになります。

水晶様汗疹

水晶様汗疹では、皮膚に直径1~3mmほどの透明または白っぽい水ぶくれが、たくさん現れます。

こちらの場合は、痛みやかゆみはありません。

治療は自然治癒となり、患部の汗をシャワーで洗い流す、汗をかいたらすぐにふき取るなど、日頃から、肌を清潔に保つことが大切になります。

深在性汗疹

深在性汗疹は、皮膚のより深い真皮とよばれるところに汗がたまり、起こるあせもです。

紅色汗疹を繰り返すことで発症してしまう場合があります。

白っぽい平らな発疹ができるのが特徴で、痛みはほとんどありません。

汗をかいて刺激が加わると、汗が真皮の中であふれ出してしまうので、汗が体外に出てこなくなり、皮膚が乾燥していきます。

体内に熱がこもってしまい、熱中症のようになる場合もあるため、注意が必要です。

治療と予防

あせもの治療は、まず発汗を抑えることが重要となります。

また、なるべく皮膚を乾いた状態に保ち、清潔にしましょう。

肌の保湿をしておくことも効果的ですが、汗腺をふさいでしまわないように、さらっとした保湿液剤を使用することが望ましいです。

汗をかきやすい季節では、通気性の良い服装にし、汗腺をふさがないよう、アクセサリーをつけすぎないようにしましょう。

症状が強い場合には、ステロイド外用薬や抗生剤を使用し、痛みやかゆみを抑えることになります。

あせもの症状がつらいという場合には、お気軽にご相談ください。

このページの先頭へ戻る