ALS(筋萎縮性側索硬化症)|東長崎駅徒歩1分のそわクリニック東長崎内科 脳神経内科 東長崎 豊島区 リハビリテーション科


東長崎駅徒歩1分のそわクリニック東長崎内科 脳神経内科 東長崎 豊島区 リハビリテーション科

月・火・木・金9:00~12:30、15:00~18:30|土曜は9:00~12:30|水曜、土曜午後、日・祝は休診

電話番号03-5926-3171

西武池袋線「東長崎駅」駅より徒歩1分 都営大江戸線「落合南長崎」駅より徒歩13分

ALS(筋萎縮性側索硬化症)

ALS(筋萎縮性側索硬化症)は、筋肉の萎縮と筋力低下が進行していく病気です。

聞き慣れない病名ではありますが、数年前に「アイス・バケツ・チャレンジ」という、ALSの研究資金を集めるためのキャンペーンでは、多くの有名人も参加したことでニュースでも大きく取り上げられました。

発症の原因がわかっていない病気で、50~70歳の男性に多く、日本には約1万人ほどの患者さんがいらっしゃいます。

どんな病気か

通常私たちは、自分の意思で手や足といった身体の部位を自由に動かすことができます。

これは、脳が「手足を動かせ」という命令を、神経繊維(運動ニューロン)を伝って手や足の筋肉が受け取ることで実現されています。

しかしALSの場合、脳からの命令を筋肉に伝える神経繊維が障害を受けてしまうことで、脳の命令がそれぞれの部位に伝わらなくなってしまいます。

そのため、自分で筋肉を動かすことが困難になり、最終的には生きるために必要な筋力レベルさえ維持できなくなってしまいます。

また、この病気は自分が意識して筋肉を動かす運動(随意運動)に対して障害が起きますが、心臓や胃腸など普段自分で意識しないでも動く運動(不随意運動)については影響がありません。

肺については、随意運動と不随意運動を併せ持っているため、ALS(筋萎縮性側索硬化症)が進行すると呼吸困難になってしまいます。

ALSの症状

  • 物を持ったり歩くことができなくなる
  • 声が出しにくくなる
  • 噛んだり飲み込むことが難しくなる
  • 呼吸困難になる

ALSの治療

国内で認証されているのは、飲み薬と点滴の二種類があります。

  • 飲み薬:リルゾール(リルテック)
  • 点滴:ラジカット (エダラボン)

リハビリによって筋肉を維持することが大切です

ALS(筋萎縮性側索硬化症)は、多くの国や機関で研究を行っていますが根本的な治療法が見つかっていません。しかし、リハビリテーションを行うことで筋力の低下を遅らせることができます。

筋肉は使わないとどんどん弱くなり、また筋肉の動きに必要な関節も固くなっていきます。

そのため、筋肉を維持し、生活の質を保つためにもリハビリは有効です。

このページの先頭へ戻る