パーキンソン病|東長崎駅徒歩1分のそわクリニック東長崎内科 脳神経内科 東長崎 豊島区 リハビリテーション科


東長崎駅徒歩1分のそわクリニック東長崎内科 脳神経内科 東長崎 豊島区 リハビリテーション科

月・火・木・金9:00~12:30、15:00~18:30|土曜は9:00~12:30|水曜、土曜午後、日・祝は休診

電話番号03-5926-3171

西武池袋線「東長崎駅」駅より徒歩1分 都営大江戸線「落合南長崎」駅より徒歩13分

パーキンソン病

手足のふるえ(振戦)、表情が硬い(仮面様顔貌:かめんようがんぼう)、手足の曲げ伸ばしが固くなる(筋固縮)、無動・動作緩慢、歩行障害などの特徴的な症状がゆっくりと進行します。

脳の中のドパミン神経細胞が減少し、ドパミンが少なくなることが原因で症状が現れてきます。

根本的な治療法は確立されていませんが、症状を軽くするため(対症療法)に、飲み薬や貼り薬、場合によっては手術(脳深部刺激療法)を行います。

適切な診断により、治療していくことができる病気です。

パーキンソン病のリハビリテーションについて

パーキンソン病の患者さんは、同年齢の人に比べて運動不足になりやすく、身体機能が低下しやすくなります。

そのため、リハビリテーションでは、ご自身で日常生活を送るために必要な身体機能の維持を目指します。

当クリニックのリハビリテーションは、健康保険・介護保険のどちらも対応可能です。

まずは当クリニックまで気軽にご相談ください。

このページの先頭へ戻る