手足口病|東長崎駅徒歩1分のそわクリニック東長崎 内科 脳神経内科 皮膚科 豊島区 江古田 椎名町


東長崎駅徒歩1分のそわクリニック東長崎内科 脳神経内科 皮膚科 東長崎 豊島区

月・火・木・金9:00~12:30、15:00~18:30|土曜は9:00~12:30|水曜、土曜午後、日・祝は休診

電話番号03-5926-3171

西武池袋線「東長崎駅」駅より徒歩1分 都営大江戸線「落合南長崎」駅より徒歩13分

手足口病

手足口病は、ウイルスの感染によって起こる感染症の一つです。

名前にあるよう、手や足、口の中、ひざ、お尻などに2~3mmの小さな水ぶくれや赤いぶつぶつなどの発疹ができる病気です。

5歳未満のお子さんに発症することが多いですが、まれに大人がかかることもあります。

原因

手足口病は、アルコール消毒剤や熱に対する抵抗力が高いコクサッキーウイルスやエンテロウイルスなどにより、発症します。

感染経路としては、せきやくしゃみなどの飛沫感染、手などについたウイルスが口に入ることによる接触感染などが挙げられます。

幼稚園や保育園で感染が拡大するケースが多く、手洗いの徹底などが重要となってきます。

潜伏期間と症状

ウイルスに感染して、1~6日ほど経過すると発疹が出てきます。

発疹はだいたい2~7日ほど経過すると消えます。また、発疹と同時に発熱する場合があります。

まれに髄膜炎や脳炎などが発症することがあり、 2日以上の高熱、嘔吐や頭痛などがある場合は注意が必要です。

こうした場合には、医療機関を受診しましょう。

治療

有効な薬がないためほとんどの場合、特別な治療を行いません。

口の中の発疹は、軽い痛みを伴う場合があり、対処療法を行います。

刺激が強い食事を避け、水分をしっかりとるようにしましょう。

手足口病の再発

手足口病を引き起こすウイルスは、複数あるため再発することがあります。

そのため、手足口病の原因となったウイルスを克服したとしても、他のウイルスで手足口病を発症してしまうことがあります。

また、手足口病が治った後も、2~4週間ほどは、便からウイルスが排泄される場合もあるため、注意が必要です。

身近な人が発症した際には、手洗いの徹底やタオルの共用などを辞めるなど、感染防止対策を徹底しましょう。

このページの先頭へ戻る