お子様の皮膚のトラブルについて|東長崎駅徒歩1分のそわクリニック東長崎 内科 脳神経内科 皮膚科 豊島区 江古田 椎名町


東長崎駅徒歩1分のそわクリニック東長崎内科 脳神経内科 皮膚科 東長崎 豊島区

月・火・木・金9:00~12:30、15:00~18:30|土曜は9:00~12:30|水曜、土曜午後、日・祝は休診

電話番号03-5926-3171

西武池袋線「東長崎駅」駅より徒歩1分 都営大江戸線「落合南長崎」駅より徒歩13分

お子様の皮膚のトラブルについて

小さなお子さまの皮膚は、成人に比べてバリア機能が弱いため、皮膚のトラブルが生じやすい状態にあります。

以下のようなトラブルがお子さまに見られましたら、お気軽にご相談ください。

あせも(汗疹)

高温多湿の環境下で大量に汗をかいた際、一時的な汗の排出障害がきっかけとなって現れるのがあせも(汗疹)です。

あせもと一口に言っても、3種類あり、紅色汗疹(数mmの赤いブツブツで痒みを伴います)、水晶様汗疹(1mm前後の水滴様の小水疱)、深在性汗疹(白っぽい平らな発疹)に分けられます。

対処法

上記のような症状が見られましたら、まずは、発汗を抑えるようにしましょう。

通気を良くする、室温調節等の生活環境を見直す、シャワー浴で皮膚を清潔に保つ、吸水性の高い衣類を選択することも重要になります。

スキンケアだけでも治りますが、かゆみがある時には、湿疹に準じた治療を行います。

おむつかぶれ

乳児は水のような下痢や軟便の回数が多いため、それが皮膚への刺激となり、赤くなったり、ブツブツができたり、ひどくなるとただれてしまいます。

特に夏場はむれやすいため、悪化します。

対処法

刺激をなるべく避けることが重要となります。

こまめなオムツ交換に気をつけ、可能であればシャワーでの洗浄が望ましいです。

また、オムツ交換毎に保護クリームをつけましょう。軽症の場合は、市販薬も有効です。

ただれてしまった時や治りにくい時は、カンジダという真菌が原因の皮膚炎である可能性があります。

なかなか治らないと感じた際には、受診してください。

脂漏性湿疹(しろうせいしっしん)

新生児の頭皮、顔(特に眉毛部、額部)にかさかさ、赤いブツブツができるものです。

ひどくなると、黄色いような厚いかさぶたが付着します。

これは母由来のホルモンの影響で、皮脂の分泌が多くなることで起こります。

皮脂の分泌が落ち着く、3ヶ月くらいまでには自然と症状は軽くなっていきます。

対処法

まずは、肌を清潔に保つことが重要となります。

軽い場合は、スキンケアだけで改善していきますが、ひどい場合は治療が必要になります。

接触皮膚炎(せっしょくひふえん)

いわゆるかぶれです。

乳児は、よだれや食事が刺激になり、口の周りが赤くなり、ブツブツができます。

よだれの量が増えてくる離乳食を始めた頃に多く見られます。

対処法

よだれが付いている際や食事の後は、口周りを濡れたガーゼ等で優しく拭き取り、保護クリームを塗るなど、こまめなスキンケアを行いましょう。

それでも治りにくい時は、ご相談ください。

このページの先頭へ戻る