熱中症・熱射病・日射病|東長崎駅徒歩1分のそわクリニック東長崎 内科 脳神経内科 皮膚科 豊島区 江古田 椎名町


東長崎駅徒歩1分のそわクリニック東長崎内科 脳神経内科 皮膚科 東長崎 豊島区

月・火・木・金9:00~12:30、15:00~18:30|土曜は9:00~12:30|水曜、土曜午後、日・祝は休診

電話番号03-5926-3171

西武池袋線「東長崎駅」駅より徒歩1分 都営大江戸線「落合南長崎」駅より徒歩13分

熱中症・熱射病・日射病

気温の高い日は体調を崩す人が増えるため、注意が必要です。

自分の身を守るためにも、しっかりと熱中症の予防を行い、異常を感じたらすぐに医療機関にご相談してください。

熱中症・熱射病・日射病の違い

熱中症は高い気温の下で起きる全身の障害を総称したもので、熱射病はその障害の一つです。

また日射病は、熱射病の一種で太陽の光が原因となって起こるものを指します。

なぜ、熱中症が起こるのか

熱中症は、人間の体温調節と深い関係があります。

体温よりも気温が低い場合は、肌から空気へ熱を放散し、体温の上昇を抑えることができます。

また、湿度が低ければ発汗することで熱が体の外へ逃げ、体温をコントロールすることができます。

しかし、気温が高く、さらに湿度が上昇した環境では、これらの機構がうまく働かず、熱中症になってしまいます。

熱中症の4つの症状

熱射病

汗はあまりかかず、顔が赤く熱っぽくなり、発熱します。体温が39℃を超える場合もあります。

めまいや吐き気、頭痛のほかに意識障害、昏睡、全身けいれんなどが起きることがあり、極めて危険な状態です。

速やかに医療機関を受診する必要があります。

熱失神

気温が高いことや、直射日光を浴びることで、血管が広がり血圧が下がり、めまいや失神が起こります。

熱けいれん

高温下での運動や作業により血液中の塩分が低くなり過ぎて、痛みを伴った筋肉のけいれんが起きることがあります。

水分不足、塩分不足の場合に起きやすいので、注意が必要です。

熱疲労

汗をたくさんかき体温はやや高めですが、顔などに赤みはなく青白い状態です。

多くの場合めまいや頭痛、吐き気を伴います。

水分や塩分が不足しており、放っておくと熱射病に移行することがあり、早めの対処が必要です。

熱中症の予防

外出時直射日光を避け日陰を選ぶ、家の中ではエアコンで適切な温度調節を行う、こまめに水分摂取を行う、などが大切です。

暑い日にはペットボトルを携帯し、のどが渇いたと感じる前に少しずつ水分補給をしましょう。

熱中症にかかったら

熱中症にかかったら、早めに適切な処置をすることが大切です。

話しかけても反応が鈍い、言動がおかしい、意識がはっきりしないといった症状がある場合、速やかに医療機関を受診しましょう。

自分では熱中症と気づかないことがあります。家族や周囲の人が異変を感じたら、すぐに声をかけてあげましょう。

このページの先頭へ戻る