おむつかぶれ|東長崎駅徒歩1分のそわクリニック東長崎 内科 脳神経内科 皮膚科 豊島区 江古田 椎名町


東長崎駅徒歩1分のそわクリニック東長崎内科 脳神経内科 皮膚科 東長崎 豊島区

月・火・木・金9:00~12:30、15:00~18:30|土曜は9:00~12:30|水曜、土曜午後、日・祝は休診

電話番号03-5926-3171

西武池袋線「東長崎駅」駅より徒歩1分 都営大江戸線「落合南長崎」駅より徒歩13分

おむつかぶれ

おむつかぶれとは、おむつを長時間使用することで、接触する部分が炎症を起こしてしまう状態を指します。

幼児に限らず、おむつを履く高齢者にも、この症状は見られます。

原因

汗や尿、便などで濡れてしまった状態のおしりが、長い時間おむつによっておおわれ、放置されることが最大の原因です。

特に、夏場はむれやすいため、悪化するケースが多くなっています。

治療

症状が軽ければ、ワセリンや非ステロイド系の外用薬を使用します。

赤みが強く出ている場合や、びらん(ただれている)になってしまっている場合には、ステロイド軟こう、亜鉛華軟こうを使用し、皮膚の炎症を抑えます。

日常生活での注意点

おしりへの刺激をなるべく避けることを意識してください。

おむつ交換をこまめに行い、可能であれば、シャワーでの洗浄が望ましいです。

シャワーの際に、尿や便が残ってしまわないよう、つい、ゴシゴシと拭きたくなりますが、刺激はかえって逆効果となります。

おしりを洗った後は、擦らず、押すようにして水分をふき取り、乾燥させてからおむつを履かせます。

洗った後には、処方された軟こうをぬり、皮膚をベールで包むように保護してあげましょう。

合併症

おむつかぶれが、なかなか治らない場合は、カンジタかもしれません。

カンジタは皮膚や粘膜の常在菌ですが、オムツの中の高温多湿な環境で増殖することで皮膚炎となり、合併して発症する場合もあります。

カンジタは、ステロイド外用薬の使用で、悪化する場合もあるため、なかなか治らないと思ったら、カンジタを疑ってみましょう。

おむつかぶれでお困りの際は、皮膚科でご相談ください。

このページの先頭へ戻る