アトピー性皮膚炎|東長崎駅徒歩1分のそわクリニック東長崎 内科 脳神経内科 皮膚科 豊島区 江古田 椎名町


東長崎駅徒歩1分のそわクリニック東長崎内科 脳神経内科 皮膚科 東長崎 豊島区

月・火・木・金9:00~12:30、15:00~18:30|土曜は9:00~12:30|水曜、土曜午後、日・祝は休診

電話番号03-5926-3171

西武池袋線「東長崎駅」駅より徒歩1分 都営大江戸線「落合南長崎」駅より徒歩13分

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、アレルギー体質の方の皮膚を、こすったり引っ掻いたりといった刺激が加わることで起こる、かゆみを伴う湿疹(赤くなる、細かいブツブツ)のことです。

症状は慢性的で、落ち着いたりひどくなったりを繰り返すことが多いです。

幼少期に、症状が重いまま放置すると、治りにくくなり、大人になっても症状が続くことがあります。

症状

主に、下記の部分で症状が左右対称に現れるという特徴があります。

  • 目や口のまわり
  • 口唇
  • 耳たぶ
  • 手足の関節部分

アトピー性皮膚炎の症状は、乳児で2ヵ月以上、乳児以外の方は、6ヵ月以上続くことが多いです。

幼少期に発症し、成長するにしたがってだんだんと良くなっていく傾向がみられます。

原因

多くはアトピー性皮膚炎を起こす遺伝的な体質とされています。

治療

日常生活の中でできるスキンケア

まずは普段の生活の中で、皮膚を清潔に保つことが大切です。

皮膚は、本来、ウィルスや菌の侵入を防ぐためのバリア機能を持っています。

入浴時に石鹸でゴシゴシ洗ってしまうと、汚れを落とす他に、このバリア機能も弱めてしまいます。

身体を洗う際には、手で泡立ててからやさしくなでるように行い、洗い終わったらよく洗い流してください。

また、爪を短く切り、掻きむしった際に皮膚が傷つかないようにしましょう。

お薬による治療

アトピー性皮膚炎のお薬には、ステロイド系・非ステロイドの塗り薬、かゆみ止めの飲み薬があります。

患者様の症状や年齢に合わせて、最適なお薬をご提案させていただきます。

小さなお子さんが発症するイメージがありますが、年齢にかかわらず大人でも発症することがあります。

掻きすぎてしまうと、アトピーの跡が残ることもあるので、注意する必要があります。

アトピー性皮膚炎でお悩みの方は、是非一度ご相談ください。

このページの先頭へ戻る